デザイン設定が豊富なWordPressテーマ~STILE~

WordPressテーマのSTILE

STILE(スティーレ)はデザイン設定が豊富で記事執筆が効率化できる便利な機能を多数搭載されたWordPressテーマです。

STILE
使いやすさ
(3.0)
SEO対策
(3.0)
ブロックエディター対応
(3.0)
描画速度
(3.0)
カスタマイズのしやすさ
(3.0)
価格
14,300円
複数サイト
利用可
商業利用
利用可

WordPressのテーマとは?

WordPressのテーマとは、作成するWordPressサイトのデザインや構成を変更するテンプレートのことです。

テーマを変更することで、サイト全体のデザインを簡単に変更することができます。

テーマによってはデザインの調整をHTMLやCSSといったプログラミングの知識がなくても行えるようになっているものも多く、容易にデザインをカスタマイズしたりできます。

WordPressのテーマを選ぶポイント

多くのテーマの中から自分のサイトに合ったテーマを選ぶ上で確認しておくべきポイントをあげます。

SEOを行いやすい

せっかく作ったサイトですから、多くの人に見てもらいたいですよね。

そんな時に必要になってくるのがSEOと呼ばれる技術です。

SEOとは
SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)とは検索エンジン(GoogleやYahoo)からの流入数やCV数を増やすためにおこなう施策です。
最近では小手先のSEOは通用せず、しっかりとしたコンテンツ(記事)を作ることが一番のSEO対策になっています。

SEOに対応したテーマは、以下のような機能が装備されています。

  • 正しいHTMLの構造でページが作成される
  • 応答速度(ページ描画速度)が速い
  • タイトルタグ・見出しタグを適切に記述できる
  • メタディスクリプションを設定できる
  • レスポンシブ対応(PC/モバイルページの最適表示)
  • AMP対応(モバイルページの高速表示)
このような機能があるテーマを選ぶことで、自然にSEO対策になり、結果として上位表示されやすくなります。

レスポンシブ対応

レスポンシブとは、PCやタブレット、スマートフォンなど、どのようなデバイスからアクセスされても、デバイスのサイズに合わせた最適なサイズでページが表示されるように作成されたテーマです。

Googleも「モバイルフレンドリーアップデート」以来、スマートフォンからの利用を重視しており、PCとスマートフォンの両方に対応する重要性が高まっています。

以前はレスポンシブ対応のテーマが限られていましたが、今ではほとんどのテーマがレスポンシブ対応されています。

サイトの種類に合ったものを選ぶ

テーマにはホームページ作成に向いているもの、ブログ作成、また企業サイトに向いているものなど、それぞれに特徴があります。

商品説明を中心に行いたい場合はランディングページが作成でき、CTAや問い合わせ先の設置が容易に出来るテーマを選び、アフィリエイトサイトを作成する場合は広告の管理や挿入が容易にできるテーマを選びます。

記事の作成に集中できるものを選択する

テーマによっては多くの装飾をショートコードやブロックエディターなどから簡単に挿入できるようになっているものがあります。

そのようなテーマを選択することで、余計なことで悩まず記事の作成に注力することできるようになります。

WordPressテーマSTILE

WordPress テーマの STILE には多くのデザイン設定が搭載されており、簡単に好みのデザインに変えることができます。

STILEの特徴
  1. 数種類のヘッダーレイアウト
  2. 1カラム、2カラムから好きなレイアウトを選択可能
  3. 見出しのデザイン
  4. ウィジェットタイトルデザイン
  5. トップページスライドショー
  6. ファーストビューアニメーション

便利な装飾機能

STILE にはボックスデザイン、タイトル付きボックス、吹き出し、点数を星で表示といった便利な装飾機能が豊富に搭載されています。

様々なSEO対策

STILE にはnoindex, nofollowの設定、SNSシェアのためのOGP設定、JSON-LDにも対応などの様々なSEO対策を設定することができます。

広告設置

アフィリエイトサイトなら必須のGoogle Adsene設置も簡単に行うことができます。

様々なオリジナルウィジェット

サイドバーや記事下、トップページなどに設置できるアドセンス用ウィジェット、サムネイル付き新着記事ウィジェット、サムネイル付き関連記事ウィジェット、おすすめ記事ウィジェット、運営者情報ウィジェットといった様々なオリジナルウィジェットが装備されています。

CTA機能

CTA 機能が実装されており、記事下部にCTAを表示することができます。

Gutenberg対応Gutenberg対応

WordPress の新エディタ Gutenberg に対応するための専用プラグインが用意されています。

レスポンシブデザイン対応

Grazioso はレスポンシブデザイン対応なので、パソコン、スマートフォン、タブレット、どの端末で見ても最適化されて表示されます。

記事を作成する側は意識することなく、1つのコンテンツをさまざな端末で綺麗に表示させることができます。

まとめ

STILE
使いやすさ
(3.0)
SEO対策
(3.0)
ブロックエディター対応
(3.0)
描画速度
(3.0)
カスタマイズのしやすさ
(3.0)
価格
14,300円
複数サイト
利用可
商業利用
利用可